唐草

「唐草(からくさ)」は、泥棒が頭に巻いたり風呂敷に使っているイメージで有名な手ぬぐいの代表的な柄です。
唐草のツルは途切れる事無く続くことから「幸せが永遠に続く」という縁起の良い意味があります。

唐草は江戸時代から明治時代までとても流行した柄です。
明治時代には唐草模様を使った泥棒のイラストなどが描かれた為、泥棒が使っているのイメージが定着した様です。
悪い模様なのかと思っていましたが、正反対の良い模様なんですね。

  • facebook
  • twitter
  • Line
  • はてなブックマーク
  • pocket
RANK

2017.08.29