アホウドリ

アホウドリ(学名:Phoebastria albatrus)は羽を広げると2mにもなる大きな鳥です。
その羽を取る為に、人間が大量に捕獲する事で数が激減し、絶滅危惧種に分類されました。
1950年頃には絶滅したと言われる程見かける事がありませんでしたが鳥島で発見され手厚く保護され、現在では少しずつ数が増えています。

  • facebook
  • twitter
  • Line
  • はてなブックマーク
  • pocket
RANK

2017.08.21